自動車解体と廃車の流れ

自動車解体業者に自動車の解体をお願いして、

廃車手続きが完了するまでの流れを確認しておきましょう。

廃車手続きには、一時抹消登録と永久抹消登録が有ります。

どちらも自分の住んでいる管轄の陸運支局で手続きを行います。軽自動車の場合は軽自動車協会で行います。

 

自動車を解体業者に解体依頼。車を解体業者に運ぶ(運搬してもらう) 

     ↓                         ↓     

1.一時抹消登録                 1.自動車の解体 

  ・自動車税:翌月から還付             ↓

  ・重量税:還付の起算日となる       2.永久抹消登録

  ・自賠責保険:翌月から還付          ・自動車税:翌月から還付 

     ↓                       ・重量税:還付の申請。

                                   翌月から還付

2.自動車の解体                  ・自賠責保険:

                                   翌月から還付   

     ↓  

3.解体届け

  ・解体届けを陸自で行う               

  ・重量税:還付の申請。翌月から還付                      

    

  • 永久抹消登録をする場合は、陸事での手続きは1回で済みます。永久抹消を申請する際には「解体記録日」の記載が必要になります。自動車解体業者から「解体記録日」の連絡が来るまで多少時間がかかります。

 

  • 一時抹消登録の場合は、解体届けを陸運支局にしなければなりませんので、あわせて2回陸事に行く必要があります。メリットとしては、一時抹消登録は書類さえ揃えばすぐに申請できますので、税金の還付の起算日を早めることができ、月末などに一時抹消する事により税金等の還付金が減らずにすみます。永久抹消登録の時のように、時間のかかる「解体記録日」の連絡を待つ必要が無いからです。

関連情報


スポンサードリンク
サイト内検索
Welcome
ようこそいらっしゃいませ!
ごゆっくりどうぞ。