部品の種類

リビルトパーツ

自動車は数万点に及ぶ部品により構成されており、長年使用しても殆ど劣化しない部品と、走行距離・使用年数に応じて磨耗・劣化していく部品が有ります。

リビルト部品とは部品の磨耗したパーツや欠損したパーツを修理し、劣化していないパーツと組み合わせる事により、新品とほとんど変わらないレベルに再生された部品の事を言います。

新品と性能や機能面においてほとんど変わらないのにもかかわらず、値段が安いのが特徴。

更に、しっかりと保証が付いているので安心。年数、走行距離などにより保証されます。

 

再生作業には「コア」と呼ばれる交換部品の提供が必要。交換する前の自分の車に付いていた部品の事です。

リビルト業者はこの「コア」を回収し、次のリビルト部品にします。

コアは分解・洗浄・消耗部品の交換・組み立て・テストの工程を経て新品同様に生まれ変わります。

環境に優しい部品ですね。

 

オルタネータ、ドライブシャフト、ラジエーター、ミッション、エンジン、パワステポンプ、ラック&ピニオンなどの部品が代表的パーツです。


中古部品

中古部品とは、文字通り使用隅の車から取り外された、再利用可能なパーツの事です。

中古部品にも品質に差があり、車から取り外した状態のままの部品と、取り外した後洗浄しきちんと検査された部品では、品質に差があります。

 

似たような部品にリビルト部品というのがありますが、リビルト部品は洗浄や検査はもちろんの事、

消耗や劣化した部分を修理し、ほぼ新品に近い状態に再生された部品の事です。

 

品質は、リビルト部品に劣りますが値段が安いのが特徴ですね。地球や環境にもお財布にも優しいパーツです。高年式の車から取り外された中古パーツは、きれいで状態もよいのもが多く有ります。

エンジンやミッション・ドライブシャフト等の機能部品でなければ、中古部品でも十分かと思います。

 

日本では毎年400万台の車が解体屋さんによって解体されています。

自分の車にピッタリの中古部品が見つかりやすい状況です。

 

中古部品の主なパーツは以下の通りです。

主な中古部品

ヘッドライト、ボンネット、フロントガラス、リアガラス、ドアパネル、ドアミラー、バンパー、グリル、トランクパネル、パワーステアリングスイッチ、テールランプユニット、タイヤ、ホイールなど

 

中古部品は主に解体屋さんで見つけることが可能。現地で探すかネットでも探せます。

解体屋さんによっては、保証をつけている会社もありますので安心です。


スポンサードリンク
サイト内検索
Welcome
ようこそいらっしゃいませ!
ごゆっくりどうぞ。