自動車解体

ご案内

ひどい事故や不動(走行不可能)、走行距離が10万キロを超えている、年式が古いなどの理由で、次に乗る人がいないというクルマは廃車手続きをして、解体する事になります。

 

そんな時は、「自動車解体屋さん」か「自動車買取店」に買い取りしてもらいましょう。

新車ディーラーや中古車屋さんでは、クルマを引き取ってはくれますが、ほとんどは場合買取りしてくれません。

「解体屋さん」や「自動車買取店」では、数万円で買取してくれる場合も多々有ります。

 

できるだけ高く買取してもらう為には、色々な会社に問い合わせてみる事が必要。そして、信頼できる会社を探しましょう。

本サイトでは、北海道から沖縄まで日本全国の「解体屋さん」や「自動車買取店」を紹介しています。

又、廃車や自動車を解体する時に必要な知識もご案内しています。

 

本サイトは、そんな自動車を解体・廃車する人にとってお役に立ちます。

自動車解体とリサイクル法

リサイクル法は、2005年1月から施行されています。

この法律により、すべてのクルマは解体後・廃車後のリサイクルが義務づけられ、リサイクル料金を車の所有者が支払うことになりました。(車検証の所有者欄がディーラーやローン会社の場合は、車検証の使用者が支払う)

 

1.リサイクル料金の支払い時期 ※クルマ購入時期により異なる

  • 2005年1月以降に新車購入(中古車購入)の場合は購入時。
  • 2005年1月より前に購入された場合は、2005年1月以降最初の車検時。
  • 車検前に廃車となるクルマは、廃車時(解体時)。

 

2.リサイクル券

リサイクル料金とはクルマの所有者(使用者)が支払う預託金ですから、クルマを売却した時はときには戻ってきます。リサイクル料金を支払ったときには「リサイクル券」が発行され、このリサイクル券は、車を売却したり、解体したり、廃車する時に必要です。その時まで大切に保管しておかなければなりません。

 

3.リサイクル料金返還

戻ってくる時期は"売却・譲渡時"のみです。クルマを解体するときや廃車にする時は、戻ってきません。要は、クルマを最後に使った人が負担するという事になります。

 

4.リサイクル料金の金額

金額は車種によって異なります。各車種の、シュレッダーダスト発生量、フロン類充てん量、エアバッグ類の個数などから設定されています。

内訳は、「シュレッダーダスト料金」「エアバッグ類料金」「フロン料金」と、「情報管理料金」「資金管理料金」となってます。

自動車解体おすすめ情報

  1. 廃車ひきとり110番
  2. 神奈川2
  3. 埼玉2
  4. 沖縄2
  5. リサイクル部品の品質・保証基準の共通化
スポンサードリンク
サイト内検索
Welcome
ようこそいらっしゃいませ!
ごゆっくりどうぞ。