解体や廃車するしかないと思うような車、10年・15年乗った古〜い車、故障して動かない、事故して大破した、エンジンが壊れたというような車は、「車の解体屋」か「自動車買取屋」に査定してもらい、買取してもらいましょう。

新車ディーラーや一般的な中古車販売店へ下取に出した場合、査定価格はゼロ円の場合がほとんどで、下取りの場合は逆に査定料金や引取費用や廃車手続の費用を請求される場合が多く、私たちにとってはあまりメリットが有りません。

これはある意味仕方が無い事で、新車ディーラーや中古車販売店は正常に走って普通に使える車を販売するのが仕事ですので、解体・廃車するしかないクルマは利益にならない不要な車なのです。

車の解体(スクラップ)屋・買取屋

やはり、そのような車は、「解体屋」か「買取屋」なら、喜んで買取してくれますので、是非ともお願いしてみましょう。

一言で解体屋や買取屋と言っても、会社ごとに特徴が有り、得意・不得意が有ります。
低年式の事故車が得意・高年式の事故車が得意、多走行のクルマが得意、古いクルマが得意・商用車など、今所有しているクルマの状態・種類によって高く売れるところが違ってきます。

車の解体屋


街で見かけたり、ホームページで見つけた解体屋に買い取りしてもらう事ができます。
家族が中心で経営していたり、社員が少人数だったり、小規模な会社が多いことも有り、ホームページが無い会社も多く、探して選ぶのに苦労するのが実情です。

解体屋にもタイプが有り、中古部品(パーツ)販売をやっているかやっていないか、海外への輸出をしているかしていないか、解体だけをやっているか、複数を手がけているか、又個人からの買取をあまりせず、修理会社やディーラー等の会社からの買取をメインにしている等、いろいろなタイプが有ります。そのタイプにより、買取価格や査定も違ってきます。うまく条件が合えば、思いもよらない高い価格で売れる事も有ります。
最低買取保証金額を設定している会社もあります。

又、料金についても違いが有り、動かないクルマの引き取り費用が無料だったり、有料だったりします。廃車手続き費用が無料の所も有れば費用を請求されるところも有ります。

最近は、無料でやってくれる所が多くなっていますので、しっかりチェックして選びましょう。

車の買取屋

一言で買取屋さんと言っても、大きく3つの種類が有ります。

全国展開の有名な買取屋

1つ目は、ガリバーとかBIGMOTOR・アップル・ユーポス等はテレビCMでもおなじみで有名な買取屋ですが、これらの会社の業務内容は新車ディーラーや中古車販売店とほぼ同じで、買取したクルマを自社で一般のお客様に販売したり、オークションに出品したりしていますので、廃車やスクラップするしかないクルマの買取は得意ではなく、残念ながら高価買取はあまり期待できないと思います。

自動車解体もしている買取屋

2つ目は、母体は解体屋で、買取業務に注力し、前面に出して宣伝等している会社です。このような会社は、母体・本業は解体屋ですので、廃車やスクラップするしかないクルマの買取が得意で、高価で買取してくれる可能性は高くなります。又、中古部品(パーツ)の販売が強かったり、車や部品を輸出している会社も有ります。

輸出メインの買取屋

3つ目は、解体屋ではなく、国内で中古車として販売するのでもなく、国内では販売できない様な車や中古部品を海外へ輸出・販売する事をメインに行っている会社です。日本では一般のお客様に売れない車でも、広い海外では品質の良い日本車はまだまだ人気が有ります。又、クルマが売れているので部品の需要もかなりあるのです。

複数の解体屋・買取屋が加盟するグループの運営会社

「事故車買取のカービュー」や「廃車ひきとり110番」「カーネクスト」「廃車ドットcom」などを運営している会社です。

日本国内では、廃車されるクルマは最終的には、必ず解体屋にたどり着きます。新車ディーラーや中古車販売店に下取りに出したり買取屋に引き取ってもらった場合も、最終的には解体屋に行きます。

なるべく高価買取してもらうには、間に会社を入れると当然マージンが発生しますので、直接解体屋に持って行った方が一般的に高く買取してもらえるのですが、一般の人が解体屋に直接車を持って行くのは、まだまだハードルが高いのではないでしょうか?

そこで利用価値が出てくるのが、買取屋や解体屋達が加盟しているグループを運営する会社です。

その運営会社に査定や買取依頼・廃車依頼を行えば、加盟している複数の会社から買取価格の連絡がもらえ、一番高い価格の会社に廃車・引取を依頼できるのです。
一括査定、一括廃車依頼が出来るので非常に便利ですね。
買取が決まれば自宅まで車を引取に来てもらいます。基本的には店舗に行く事は無いですので時間も取られず、手間も少なく売る事が出来て便利ですので人気です。

買取先選び




解体・廃車する車は、新車ディーラーではほとんどの場合ゼロ円ですし、手続きの手数料を請求されてしまいます。
ですので、手数料を請求されず、数万円で買取してくれる可能性が有る「解体屋」や「買取屋」に引取をお願いしましょう。そして更には、できるだけ高く売る為に、複数の会社に問い合わせてみる事が必要です。そして、廃車の手続きを確実にやってくれる信頼できる会社を選びましょう。
本サイトでは、北海道から沖縄まで日本全国の「車の解体屋」や「自動車買取屋」を紹介しています。

又、廃車やスクラップする時に必要な知識もご案内しています。

NEW ENTRY

2019/10/18

解体されるような車でも海外で人気

日本では解体するしかないような古い車・動かない車・事故車でも、 海外では人気が有りますので、解体屋さんや輸出している業者に高く買い取ってもらえます。 日本車は丈夫で耐久性が高く、20万キロくらいは知っている車でも海外で元気に現役で走っています。 日本で売れている中古車は年間350万台から400万台くらいで、 海外には140万台くらいが輸出されています。 意外と多くの車が輸出されていると思います。 とくにアジアや新興国・中東で人気が有り、 2018年の輸出国トップ10は以下の通りとなっています。 1位アラブ ...

ReadMore

2019/3/13

廃車証明書とは

廃車証明書とは、実は正式名称ではなく種類としては3つ有ります。 普通車(登録自動車)の場合2種類有り、 正式名称は、永久抹消登録の場合は「登録事項等証明書」、一時抹消登録の場合は「登録識別情報等通知書」という名称で、軽自動車の場合は1種類で、「自動車検査証返納証明書」という名称です。 以前は一時抹消登録の場合は「一時抹消登録証明書」という名称で意味が分かりやすかったのですが、2008年(平成20年)11月4日以降は、意味が分かりにくくなり「登録識別情報等通知書」という名称に変わりました。 これらの書類に記 ...

ReadMore

2019/12/6

高く売れる車の代表選手、ハイエース

ハイエースは、10年落ち以上でも10万キロ以上走っていても、廃車や解体にせずに買取をしてもらいましょう。 ハイエースは、古くても高く売れる車の代表選手です。それは日本だけに限らず海外、特にアジア各国等途上国で非常に人気が高く、値落ちが少なく高く売れるのです。 高く売れる車の代表選手、ハイエース ハイエースが初めて世に出たのは1967年で50年を超える歴史の有る車です。 今のモデルは5代目(H200系)で4代目(H100系)発売から15年ぶりの2004年にフルモデルチェンジされ、ボディサイズはロングとスーパ ...

ReadMore

2019/1/12

解体届出(廃車手続き)

解体届出とは、一時抹消登録済の自動車を、自動車リサイクル法に則って適切に解体処理した後に行う、最後の廃車手続きです。 これにより手続きはすべて終了となります。 意味合いとしては、永久抹消登録と同じですが、 解体届出は、まず最初に「一時抹消登録」をした車を「解体」した後に行う届出で、 永久抹消登録は、まず最初に「解体」した車に付いての抹消手続きの事です。 解体届出は、全国すべての運輸支局でも出来、リサイクル業者から解体終了の連絡を受けてから、15日以内に届ける必要が有ります。 解体届出の必要書類 ・解体届出 ...

ReadMore

2019/10/26

車の部品取りで違法にならないように、注意しましょう

車を解体や廃車にするといっても、まだまだ使える部品が有ります。 まだ新しく溝が有るタイヤ・取り替えたお気に入りのハンドル・ナビ・ETC・後付したのアルミホイールなどのパーツは、 次のクルマに付けたり、売ったりしたいと思ってしまうのではないでしょうか。 解体・廃車する車からの部品取りは違法かも 部品取りは何でもOKという事では無く、部品によっては「自動車リサイクル法」違反になりますので注意しなくてはなりません。 全ての部品を取り外す事ができるのは、解体屋さんだけです。 解体屋さんは、都道府県知事の許可、又は ...

ReadMore

© 2021 解体・廃車する車の高価買取査定