廃車は売れる時代

廃車は売れる時代

今廃車は売れる時代です。

不要になった自動車をあなたはどうしますか?

  1. 自動車解体業者に引き取ってもらって、自動車をスクラップにする
  2. 車を買取専門店に買い取ってもらう
  3. 車を乗り換え、下取りに出す
  4. 一時抹消登録をして、とりあえず使わないようにする

などの方法が有ると思います。

今後まったく車を使わないのなら、「自動車解体屋に売る」か「買取専門店に売る」の2通りになると思います。

 

さて、どちらの方が得をするのでしょうか?

それは今お乗りの車によって違ってきますので、決め付ける事はできません。

一度問い合わせてみるのが一番良いでしょう!

 

今、廃車は売れる時代です。今までは、売れなかった(買い取ってもらえなかった)次のような車でも買い取ってもらえます。

つまり値段が付きます。

  1. 製造から10年以上経過している車
  2. 10万km以上走行している車
  3. 事故車

日本では解体されてしまうようなほとんど使用しないような、古い車・走行距離が10万キロ近い自動車でも、海外特にロシア・東南アジア・中東諸国等の発展途上国では、需要があるのです。特に日本車は性能が良く、品質も高い事から、まだまだ部品交換等で現役として使えますのでかなりの人気が有ります。

又、中国やインド、ロシア等では自動車の鉄を貴重な資源として重宝されています。特に中国では急激な経済発展で金属材料としての鉄・アルミの需要が高く、あなたの愛車も解体して貴重な資源として再利用されるのです。

又、自動車の部品も重宝されています。日本の自動車は車自体はもちろん部品の品質が高く信頼されています。部品の再利用としての需要もかなりあります。自動車を解体するときに部品を取りその部品が売れるのです。

つまり、あなたの自動車は海外においては、「現役の車」「鉄・アルミの資源」「部品の再利用」として、需要があるのです。

需要があるという事は、ある程度の値段で売れるという事です。あなたの古い車でも売れるという事です。


スポンサードリンク
サイト内検索
Welcome
ようこそいらっしゃいませ!
ごゆっくりどうぞ。