中古部品とは、文字通り使用済み車から取り外された、再利用可能なパーツの事です。

中古部品にも品質に差があり、解体された車から取り外した状態のままの部品と、取り外した後洗浄しきちんと検査された部品では、品質に差があります。

似たような部品にリビルト部品というのがありますが、リビルト部品は洗浄や検査はもちろんの事、

消耗や劣化した部分を修理し、ほぼ新品に近い状態に再生された部品の事です。

品質は、リビルト部品に劣りますが値段が安いのが特徴ですね。地球や環境にもお財布にも優しいパーツです。高年式の車から取り外された中古パーツは、きれいで状態もよいのもが多く有ります。

エンジンやミッション・ドライブシャフト等の機能部品でなければ、中古部品でも十分かと思います。

日本では毎年400万台の車が解体屋さんによって解体されています。

自分の車にピッタリの中古部品が見つかりやすい状況です。

中古部品の主なパーツは以下の通りです。

主な中古部品

ヘッドライト、ボンネット、フロントガラス、リアガラス、ドアパネル、ドアミラー、バンパー、グリル、トランクパネル、パワーステアリングスイッチ、テールランプユニット、タイヤ、ホイールなど

中古部品は主に解体屋さんで見つけることが可能。現地で探すかネットでも探せます。

解体屋さんによっては、保証をつけている会社もありますので安心です。