自動車を解体・廃車する前に残債(ローンのまだ返していない分)を完済(全て返す)するのがベストです。

基本的に残債がある場合は、所有権留保により、売却や名義変更、廃車などの手続きはできません。

しかし、

残債の金額やローンの組み替え等による一括返済など場合によっては、

所有権解除の手続きができますので車自体は解体し、陸運支局で抹消手続きをする ことができます。

ローン会社か自動車販売会社に連絡し、解体・廃車する旨を伝え必要書類を送ってもらいましょう。

残りのローンは 引き続き支払いする必要があります。